今月のコラム

 

 

 

 

春らしい日も、あっという間に終わり、今年は早い梅雨入りになりましたね。
初夏の日差しがまぶしい日は、園庭に水をまき、水遊びや泥んこ遊びが始まりました。足を水たまりにつけてペチャペチャしたり、泥んこをペタペタと気持ちよさそうに触ったり、小さいクラスの子どもたちも、砂遊びや色水遊びなどを楽しんでいます。「心の底から楽しいと思える経験」は、脳の楽しさを感じる回路を豊かに育てます。そして、そのように育った子は、前向きに楽しさを見つけていくことができるようになります。これからの季節は、泥んこ遊びや水遊びを通して、楽しいと思える経験をたくさんして、楽しさを見つけられるように成長してほしいと思います。
雨が続くと、室内での活動が多くなる時期となります。子どもたちが、楽しいと感じられる遊びを工夫し、室内の換気や消毒・除菌などの衛生管理の徹底に努めながら、安心して子どもたちが活動できる環境作りをしていきたいと思います。


 

 

 

 

 

 

 


2021年06月01日